ダイブログDIVE LOG

イソコンペイトウガニ

2022.06.22 17:16

気  温:最高 28.5℃


水  温:22~23.5℃


透明度:8~12m


風向き:西南西1m~南2m


天 気:晴れ


 


 


今日は予想以上に晴れていい天気となりました


水中も22~23℃くらいとちょっとだけ上がっていました


透明度も上がってキレイでしたが時間帯によっては濁りも入ってきてました


 


ここ1~2年くらいでトゲトサカ類が増えてきていて


根があるポイントなどでは特に数が増えてます


そんなトゲトサカにはたまにイソコンペイトウガニが見つかります


ライトなどを当てると少し色が違っていたりと見分けれますが


遠目からだとトゲトサカと一体化していて擬態上手です



 


それ以外にもテンロクゲボリガイなどのキレイな生物も見つかりますよ



 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

クロイシモチとミジンベニハゼ

2022.06.19 16:49

気  温:最高 26.0℃


水  温:21~22.5℃


透明度:8~10m


風向き:東1m~南南東3m


天 気:くもり


 


 


梅雨に入りましたが今日はちょっとだけ晴れ間もあった雨の無い日となりました


また明日からしばらく雨の日が続きそうですが


あまり大雨の予報ではないので海への影響は少なそうです


 


ミジン畑のミジンベニハゼのペアのところへ久しぶりに


クロイシモチがやってきていました


ネンブツダイなどイシモチ系はすでに口内保育も始まっていますが


クロイシモチは産卵期が1~2カ月遅れる夏から秋口にピークを迎える傾向にあるので


このままミジンのところに居続けることになれば


口内保育とミジンの産卵が同時に見れるかもしれませんね


 



 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

スズメダイの卵

2022.06.18 16:20

気  温:最高 24.6℃


水  温:21~22.5℃


透明度:7~10m


風向き:東南東2m~南4m


天 気:雨


 


 


初夏ごろからいろいろな魚たちの産卵期になってきますが


スズメダイも産卵期を迎えあちこちで産み付けられた卵が確認できます


ただ卵1粒は極小なのでなかなか見えにくいですが


岩肌に卵を産み付けられています


ある一定の岩の場所から離れずにいるスズメダイが


口でつついていたりヒレを使って卵のケアをしていたりするので


親スズメダイの行動でなんとなく場所がわかります


今は魚たちの産卵行動を観察するのが楽しい季節ですね


 



 



 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

手乗りミジンベニハゼ 第二弾

2022.06.17 16:35

気  温:最高 27.5℃


水  温:21~22℃


透明度:8~10m


風向き:南東1m~南4m


天 気:晴れ


 


 


先日まで調子よく手乗りしてくれていたミジンベニハゼが


残念ながらいなくなってしまったのですが


気を取り直して別のミジンベニハゼで新たにチャレンジしていました


ようやくちょっとだけですが手乗りに成功


まだまだ時間もかかるしなかなか乗ってくれませんが


これからさらに慣れてくれることを期待しましょう


 



 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

ホソエガサの胞子

2022.06.16 17:14

気  温:最高 24.5℃


水  温:21~22℃


透明度:8~10m


風向き:東南東1m~南南東3m


天 気:くもり


 


 


オープンサイトビーチで見れている「人魚のワイングラス」ことホソエガサ


今シーズンは5月の後半くらいからと出始めたのが早くてそろそろ1ヵ月になりますが


まだまだつぼみ状態もあって6月いっぱいくらいは見ることができそうです


ホソエガサのステージもつぼみのものからしっかり咲いて胞子も見れる状態のものだったり


いろいろな状態が見れるので観察しがいがありますね


写真は少し胞子が出て行っているホソエガサです


肉眼ではわかりにくいですが写真で撮るとしっかり粒々がわかりますね


 



 



 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

サカタザメ

2022.06.15 16:50

気  温:最高 25.5℃


水  温:21~22℃


透明度:8~10m


風向き:西1m~3m


天 気:雨/くもり


 


 


昨日から近畿地方が梅雨入りとなり週間天気予報を見ても


雨マークが多くなっていますね


最近は水温が22℃前後で横ばいとなっていて


雨の日なんかはドライスーツがちょうどいいくらいなので


もうしばらくはウエットとドライの併用ですね


 


砂地で久しぶりにサカタザメを発見


サメとついていますがエイの仲間


砂地で見れるエイとしてアカエイやトビエイ、ツバクロエイなどもいます


アカエイやトビエイは見つけてもすぐに逃げてしまうのですが


サカタザメやツバクロエイはじっとしていることが多いですね


ゆっくり近づけば逃げにくいので適度な距離をとって観察してみて下さい


 



 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

ミジンベニハゼのペア

2022.06.14 15:53

気  温:最高 21.0℃


水  温:21~22℃


透明度:6~8m


風向き:北北西1m~北東2m


天 気:雨


 


 


ミジンベニハゼの産卵期ではオスがビンの中にある卵を世話するため


あまり出てこないことも多いのですが


最近はいくつかの場所ではよく出てきていて


ペアでの写真も撮れるチャンスがあります


撮り始めたタイミングでは引っ込んでいても


こちらがゆっくり待っているとそのうち出てくるようになるので


あせらずのんびり撮ってみて下さいね


 



 



 


 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

ウミヒルモの花 花粉

2022.06.13 16:47

気  温:最高 24.5℃


水  温:20~21℃


透明度:5~8m


風向き:北北西1m~南南西2m


天 気:くもり


 


 


ビーチで見れているヤマトウミヒルモの花


今日はちょうど開花直後くらいの状態が見れました


写真上のちょっとモヤモヤしているところが花粉が出て行っているところ


花粉が糸を引くように流れ出て行っています



 


ものの数分で花粉がほとんど出て行ってしまい


残り少なくなった花粉が1本の糸みたいに見えます


ちょうど開花するタイミングが合ってラッキーでした



 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

イソギンチャクモエビのチビ

2022.06.12 16:27

気  温:最高 25.5℃


水  温:21~22℃


透明度:6~8m


風向き:北3m~北北西3m


天 気:晴れ


 


 


北寄りの強めの風予報でしたがあまり波も高くならず


無事にボートも出港できました


昨日は雨でウエットスーツでは少し寒いくらいでしたが


晴れてくれるとやはり温かく感じますね


 


小杭崎のスナイソギンチャクにはハクセンアカホシカクレエビや


オドリカクレエビなどのエビが付いているのですが


今は極小のイソギンチャクモエビがかわいい


他のエビに視線がいってると見逃してしまうくらいちっちゃい


TGの顕微鏡モードが大活躍です


 



 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

オキナワベニハゼ

2022.06.10 16:09

気  温:最高 25.5℃


水  温:21~22℃


透明度:6~10m


風向き:西南西1m~南3m


天 気:晴れ


 


 


今年の平均水温が高い影響は生物の産卵時期が早まったりしたりだけでなく


いままで数が少なかった南方寄りの魚たちの数も増えています


そのひとつがオキナワベニハゼ


これまでも見れていましたが今年はぐっと見れる個体数が増えています


小杭崎や方杭崎、オープンサイトビーチエリアの岩場でも見ることができますよ


他にもアカオビハナダイも例年より増えている魚だったりしますね


 



 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

アーカイブ

アーカイブ