ダイブログDIVE LOG

カエルアンコウ2匹

2022.07.09 16:23

気  温:最高 28.5℃  天気:晴れ 時々 雨


風向き:南東2m~4m


水  温:21~24.5℃  透明度:5~8m


 


午後からはにわか雨が降ったりと不安定な天気に


風はほとんどなく海況は穏やかでした


 


方杭崎で長い間見れているカエルアンコウ


2匹そろって少し離れたザラカイメンにお引越し


移動しても高確率でザラカイメン付近にいるので見つけやすいです





キンセンイシモチ

2022.07.07 16:19

気  温:最高 31.0℃  天気:晴れ


風向き:凪~南3m


水  温:21~24℃  透明度:5~8m


 


今回の台風4号では大雨が降ったくらいで


少し透明度が落ちた程度の影響でした


またこれからは陸上は暑い日が続きそうですね


 


日高で見れるテンジクダイ科のイシモチの仲間と言えば


群れを作るネンブツダイや砂地にいるテッポウイシモチ


ミジンベニハゼと一緒にいることもあるクロイシモチなどいろいろいますが


キンセンイチモチは数が少なく今まで見る機会が少なかったのですが


今年になって目にする機会も増えてきたように感じます




 


海水温の上昇の影響なのかな~


見れる魚の種類が増えるのは嬉しい反面


もともとあった環境が変化してしまい見れなくなる生態系もあると思うと複雑ですね...

いろんな生物の卵

2022.07.05 16:12

気  温:最高 25.1℃  天気:雨


風向き:東南東2m~南3m


水  温:20~24℃  透明度:6~10m


 


台風4号も温帯低気圧に変わり朝から昼過ぎくらいまでの大雨くらいで


うねりも思ってたより強まることはなく今日も無事に潜れました


 


この時期の水中はいろんな生物の繁殖期でもあり卵を見ることもできます


イシモチの仲間などは数も多くいますが群れている状態だと個別に観察するのも難しいですが


岩場やゴロタなどにいるオオスジイシモチなんかは比較的観察しやすいですね




 


エビなどもお腹に卵を抱えたメスも多く見られます


オトヒメエビは大きめなのでこちらも観察しやすいエビの一つですね



ヤマトメリベ

2022.07.04 15:45

気  温:最高 24.9℃  天気:雨


風向き:北西1m~東南東2m


水  温:21~25℃  透明度:5~10m


 


台風4号の影響はあまりなくうねりもまだ小さいです


今出ている予報では5日から6日にかけてが一番うねりもでそうですが


風予報では強い風速も出ていないので意外と大したことはないかもしれません


 


ミジン畑の砂地で久しぶりにヤマトメリべを発見


チビミジン狙いで探索していたら見つかりました


大型のウミウシで50cmくらいはあったでしょうか


日高では1年に1、2回見れたらいい方でめっちゃレアなやつです


以前見たのはもっと色が薄かった気がしますが今回のは赤っぽいところが多い個体でした



ミジンベニハゼのチビ

2022.07.03 17:19

気  温:最高 26.5℃  天気:雨/くもり


風向き:東南東2m~南南東3m


水  温:21~25℃  透明度:5~10m


 


台風4号が発生していて日本列島を縦断しそうなコースなのがちょっと心配です


今のところ少しうねりが入ってきていますが大きな影響はないです


5日、6日あたりにうねりが大きく入ってきそうですね


 


ミジン畑で今シーズン第1号のミジンベニハゼのチビが登場


ちっちゃいミジンはかわいいですね~




 


 

カエルアンコウ2匹

2022.07.02 16:42

気  温:最高 31.5℃  天気:晴れ


風向き:東南東1m~南3m


水  温:21~25℃  透明度:5~10m


 


昨日に比べると暑さは少しましでしたがそれでも30℃超えの気温です


水中は深場の層に濁った冷たい潮が入ってきてましたが水面付近は25℃以上と差がありました


 


方杭崎では以前からカエルアンコウが安定して見れていますが


今日は同じザラカイメンに2匹付いていました


小さい方もこぶし大くらいの大きさなんですが大きい方が横にいると小さく見えますね




 


真夏のようないい天気

2022.07.01 16:56

気  温:最高 33.5℃  天気:晴れ


風向き:北西1m~南南東3m


水  温:23~24℃  透明度:5~8m


 


梅雨も明けて連日晴れの天気が続いています


気温も33℃まで上がり真夏と変わらないくらいの暑さです


ダイビング前の水分補給も気を付けないといけませんね


 


例年だとミジン畑でそろそろチビミジンが出てきてもいい時期ですが今シーズンはまだの様子です


ミジンベニハゼのペアは相変わらず元気に出てきてくれてますよ~



ミジンベニハゼのペア

2022.06.26 16:56

気  温:最高 28.0℃


水  温:23~24℃


透明度:6~8m


風向き:南東2m~南南東3m


天 気:雨/晴れ


 


 


週初めの週間天気予報ではほとんど雨マークだったような気がするのですが


けっこう晴れ間も多く今日も朝方に雨が降った程度で晴れの天気でした


来週も晴れの予報が多く梅雨明けも近いのかもしれませんね


 


ミジン畑ではうねりなのかアカエイのせいなのか


一部のビンが砂に埋もれてしまって少し数が減ってしまいましたが


それでも現在9ペアのミジンベニハゼが見れています


ほとんどよく出てきてくれるミジンで


いくつかはペアでも出て並んでくれたりもするので


写真をとるのにもってこいです


そろそろチビのミジンが出てきてもいいころ合いなので


来週あたりから見れるといいな~


 



 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

ウミヒルモの花の開花

2022.06.25 17:00

気  温:最高 27.0℃


水  温:23~24℃


透明度:5~10m


風向き:南南東2m~南4m


天 気:くもり


 


 


昨日くらいから沖の方では南寄りの風が強く吹いていて


それに伴ううねりが発生していますが


日高への影響は少なくビーチでも問題なく潜れています


透明度は少し下がってしまっていますが水温は1℃くらい上がりました


 


ビーチで見れているヤマトウミヒルモの花


つぼみや咲いた後の花が少し減ったように感じるので


ピークが終わり見れる期間も少なくなってきたのかもしれませんね


 


今日はつぼみの状態から開花する様子を見ることができました


写真上のもやもやして見えるところは花粉です


下の写真は花粉がもう残り少なくなっている状態


開花してから15~20分くらいで花粉は飛んで行ってしまうので


いいタイミングで見れてラッキーでした



 



 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

クロイシモチの口内保育

2022.06.24 15:59

気  温:最高 27.5℃


水  温:22~24℃


透明度:5~6m


風向き:南南東4m~5m


天 気:晴れ


 


 


先日ログでクロイシモチの口内保育はあと1~2カ月くらい先と


書いたのですがすでに口内保育が始まっていました


平年だとクロイシモチの口内保育は6月にはあまりなかった気がするのですが


今年は水中の季節が前倒しできているのでその影響もあるのかも


卵はしっかりと目もできているのが確認できて


ハッチアウトも近いような状態ですね


クロイシモチはサイズも大きめであまりうろちょろしないので


写真も撮りやすいんじゃないででしょうか



 


手乗りミジンもまだまだ時間はかかりますが


だいぶ慣れてきた様子で手に乗る頻度も多くなってきましたよ



写真提供:ゲストGさん


 


 


須江ダイビングセンター


↓ 須江録はこちら


sue_logo

 

アーカイブ

アーカイブ